FC2ブログ

犬(ケン)チク

トシ・ケンチクおさんぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴールデンゲートパーク デ・ヤング美術館,サンフランシスコ

いまをときめくヘルツォーク・ド・ムーロンの最新作。


サンフランシスコのダウンタウン、北西端に広がるゴールデンゲートパークの広大な緑の中に忽然と鉄の塊が現れる。

IMG_9048.jpg

象徴的な展望塔。これまで美術館に展望塔などを建てた例はあるか?

IMG_9064.jpg

外壁の表皮だけが少しめくれ上がってエントランスが隠れている。

IMG_9071.jpg

エントランスゲートをくぐると、Helen Diller family courtyardと名づけられた中庭を横切る。

IMG_9070.jpg

見上げれば、もちろん展望塔。

IMG_9073.jpg

おそらく、パトロンの名前であろう、Helen Diller family courtyardのネームプレート。

IMG_9074.jpg

奇抜な外観に対してインテリアはごく普通。
これは受付ホール。
右の階段を下ると展示室。

IMG_9101.jpg

その階段を降りきったところから今度は見上げてみた。

IMG_9100.jpg

中央部に広がる吹き抜けホール。

IMG_9076.jpg

そして展望塔に登って驚いた。
これが見下ろした本体の屋根。
平べったい本体にはいくつかの亀裂が入り、その部分が中庭になっている。展望塔はゴールデンゲートパークの緑を俯瞰するためにあるのではなく、この鉄の塊に走る亀裂を見せるために建てたのだ。

IMG_9080.jpg

エントランス部分の中庭もその亀裂のひとつだった。

IMG_9057.jpg

IMG_9108.jpg

IMG_9107.jpg

IMG_9125.jpg

この建築の凄みは鉄板を叩き出し、穿ったこの表皮に宿る。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/16(水) 21:00:07|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

イヌワン

Author:イヌワン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ようこそ!


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。